かわら版 第22号

軽度認知障害(MCI)について 超高齢化の日本では、2025年には65歳以上の実に3分の1が認知症とその予備軍になるといわれています。 認知症になる手前の予備軍の状態が「軽度認知障害(MCI)」です。 早期に発見して適切・・・

かわら版 第21号

「骨粗鬆症」の予防~①運動 骨には、負荷がかかると骨自身を強くする仕組みがあります。 運動をすると、その刺激を受けて骨にカルシウムが沈着しやすくなったり、血流がよくなることで骨をつくる細胞が活発になります。 今日は、そう・・・

かわら版 第20号

「骨粗鬆症」の予防~①食生活 日本人の平均寿命が伸びている中で、骨粗鬆症になる中高年者が年々増加しています。 骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが溶け出して、骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。高齢者の骨折は、生活の質(・・・

かわら版 第19号

「ヒートショック」にご用心! 日に日に冷え込んできました。今回は、冬本番に向けて「ヒートショック」のお話です。 「ヒートショック」とは なぜ冬に多い? 高齢者は感覚も反応も「ゆっくり」 要注意は、〈浴室〉と〈トイレ〉 予・・・

かわら版 第18号

糖尿病~早期発見・早期治療が大切です~ 糖尿病が強く疑われる人の人口に対する割合は、男性は6人に1人、女性は11人に1人(2016年の厚生労働省「国民健康・栄養調査」より)。年齢が高いほど、糖尿病有病者の割合が高くなる傾・・・

かわら版 第17号

秋、ウォーキングしてみませんか かわら版第16号では、歩くための筋肉を鍛える運動をご紹介しました。季節もよくなってきまし たので、外を歩いてみませんか。 〈歩く〉ことの効果 富田町病院周辺を歩いてみましょう 富田の歴史に・・・

かわら版 第16号

いつまでも元気に歩ける身体づくり 今回は、歩くために重要とされる筋肉の中から、いくつかの筋肉を鍛える運動方法を紹介させていただきます。 脊柱起立筋(せきちゆうきりつきん) 背中の筋肉で、体幹の安定性を高めて、手足を動かし・・・

かわら版 第15号

熱中症にならないために 梅雨も明け、暑さが本番になってきました。昨年に続いて『常にマスク着用』の中での夏。 今まで以上に熱中症予防対策が必要です。ポイントを押さえた対策をしていきましょう まず・・・熱中症とは 熱中症の予・・・

かわら版 第14号

免疫力を高める「腸活」 腸内環境を整える「腸活」をしてみませんか? 腸内環境がよい状態に保たれていない と、腸の免疫機能が低下し、感染症・花粉症・アトピーなどを引き起こしてしまうことが あります。 便を観察して腸内環境を・・・

かわら版 第13号

食中毒を防ぐ6つのポイント 気温が上昇してきて、食材や食品が傷みやすい季節になってきましたね。食中毒の予防は、原因菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」が原則となります。 家庭で食品を購入してから、調理して、食べる・・・

このページの先頭へ